WRC[世界ラリー選手権]ラリーインドネシア -その6- | モータースポーツのすすめ

WRC[世界ラリー選手権]ラリーインドネシア -その6-

2017年3月1日

いろいろ当時の事思い出して書いてたけど、記憶がはっきりしません。。
当たり前か。。20年くらい前の話だもんね。

でも今までに書いた記事もそうだけど、断片的にでも憶えていることははっきりと憶えています。
それだけ自分に取っては強烈な体験だったんだなっと。

前置きはこれくらいにして、続きを。。

やっと初サービスです。
例のプランテーション事件で最初のサービス地点には辿り着けなかったわけで。。。
車の整備と燃料補給が主です。整備はメカニックに任せて私は燃料補給を担当します。

と、地元の子供がサービスカーに近寄ってます。。。ジィィ──(。¬д¬。)──ッ
と遠目に見てると、車内のたばこを盗もうとしています。

もちろん追い返しましたが。

あるサービス地点では公衆トイレの前に子供が立っています。
入ろうとすると

’xxルピーくれ’

と言ってきます。ワークスの連中はシカトしてトイレ使ってましたが、何となく使いづらくて結局我慢しちゃいました。

そう、貧富の差がすごいのです。

途中に通ったほぼジャングルの川のほとりに手作りっぽい掘っ立て小屋があり、お母さんらしき人が洗濯しています。川は思いっきり濁ってて土色ですが、どうみても電気や水道が通ってるとは思えません。
きっと生活用水全てを川の水を使っているんでしょう。

話が前後しますが、メダン市内のちょっと離れたところでは屋台で生きたコウモリを売ってました。
最初はなんでお店の前にコウモリが吊るされているかわかんなかったんだけど、たまたま外国メディアの方がお店の人に聞いているのを聞いちゃいました。

’ファイ ザ バット イズ ヒアー?’
’フォー イート’

だったかな。

とにかく、なんでコウモリいるの?に対して食べるんだよ!って事なのは良くわかりました。
外人記者も驚いて一眼レフでコウモリの写真取ってたもんな。。。

コウモリはんぱなくでかかったし。日本のと違って、カラスくらいあった気がします。
店先に吊るしてあるんだけど、そもそもコウモリの基本姿勢なので本人はいたってくつろいでる感じ。
のんびりプチトマトみたいなのかじってました。。。そのうち食べられちゃうのに。。。

てか、人間に慣れるもんなの?逃げないのかな?どうやって捕まえた?本当に食べるの?・・・・
クエスチョン?の嵐です。。聞きに行く勇気はなかったけど。。じゃー買え!って言われたらちょー困るし。。

話それました。

かたや大統領の息子がワークスチームで出場してたのですが、後で聞いた話だと3日間で3億円!くらい使ったそうです(´゚Д゚`)ンマッ!!

ワークスチームとWRCカー(当時はGr.Aだったかな)を丸ごとレンタル!ですね。。
車だけでも買えば(売ってないけど)1億円は下らないそうですから、それぐらいはかかるかもですが。。

それにしたってあんまりだ!って気持ちしか残りません。。
国営主要企業は王族一家が独占してるようだし、まさに富の独占です。

そう、当時の事を部分的にでも鮮明に憶えているのはきっとラリーだけのせいじゃありません。
インドネシアという国にショックを受けたからでもあるのです。。。
WRCラリーインドネシア -その7-

カテゴリー内記事