WRC[世界ラリー選手権]ラリーインドネシア -その3-

2017年3月1日

’ウィ アー エントラント!’
’ノー’
’ラリーサービスカー!!!’
’ノー’
’マップイズヒア!!!ルックジス!!!ウィニーズトゥゴーストレート!!!!!’
’ノーーー!!!’

つたないあやしい英語でまくし立てるけど、全く駄目。
なんでやねん。。関西人じゃないけど。。。。

悶絶してたら突然行け!との合図。しょうがねー野郎たちだって感じで。
しょうがねーのはそっちだろ!って思ったのはほんの5秒ほど・・・・

え、あれ競技車だよね。。。

路肩にゼッケン付の車が止まってます。それも1台や2台じゃなくぱっと見3、4台・・・
やっと入り口で止められた理由がわかりました。

道路というか通路はかまぼこ上で両端が極端に下がっています。
車はみんな両端側に止まっていて、路面は見た目にもぬるぬるの粘土質です。

WRCに出るような競技車がスタックするような道をFRのポンコツトラックで行けるわけないじゃん・・・

慎重に入り口までバックするしかありません。この場で転回なんてあり得ない。
ちょっとでもハンドル誤って左右どちらかにずれるとそのまま道の端まですべり落ちそう・・・

入ってきた自分のタイヤ跡をバックでトレースするくらいの緊張です。
と、でっかい虫じゃなくてやぶ蚊!!が車内に襲来してきました。

日本でもよく見る白黒しましまのやつですが、おまえらでかすぎるって!
一瞬蚊だってわかんなかったもん。

その時突然思い出しました!
あ、蚊にさされたら1000回に1回くらいの割合でマラリアにかかるから気をつけろ!って。
どおりで現地の人は長袖・長ズボンなんだ。。。
マラリアって、対応の血清かなんか打たないと確か1週間くらいで天国に行っちゃいます。

つーか、この状況だと体を微塵も動かせないよ!!!
うぉーーー!早く戻りたいけど蚊がせまる!!!

地獄絵図です。いまだかつて人生でこれほど緊張したバックはありません。
今思い出してもぞっとします。

まだまだ続く!
WRCラリーインドネシア -その4-

カテゴリー内記事