WRC[世界ラリー選手権]ラリーインドネシア -その2-

2017年3月1日

トラックに資材を積み終わって何とかタイスケ通りに出発!です。

アブガス満載のドラム缶3本プラスその他もろもろ。。。
サービス地点への到着が遅れると、競技続行ができない可能性&もちろん事故れない緊張でコマ図を頼りに運転します。

豆解説

アブガス≒航空機燃料
・市販のハイオクよりオクタン価の高いガソリン。車のコンピュータをチューンする必要があります。
今はFIA指定燃料もありますが、当時はアブガスだったような。。。記憶は定かではありません。

コマ図
・道路の分岐を表した略図。一般的にスタート地点もしくは前のコマ図からの距離、分岐形状、進行方向、目印が記載されています。

メダン市内に入りますが、歩行者、自転車、バイク、車、トラックが全部同じ道路の上!を走ってます。
よく事故起きないな!ってところを更に緊張して走ります。

車線変更してんだか、まっすぐ走れないのかわかんないような状況。。。

ウィンカつける人なんていやしないし、タクシーだってドアミラー千切れてる・・・
交差点の信号だけは秩序保たれていたので良かったけど。。
後ろからどっつかれてトラックごと丸焼きになりたくないよ”(ノ””o””)へ”

ビビリながら走ってると視界が開けて一本道です。
まわりは畑やら森やら寺院やら。。。民家がちょこちょこ。
さっきとはうって変わってなんとものどかな。。車どころか人もほとんどいません。

と、でっかい水牛がいます。まじでかい。まんま軽自動車くらいはあるんじゃないの。
水田らしきところなので、牛さんもここでお仕事してんだな、なんて思ったら、水田と今走ってる道路がツライチ!じゃあーりませんか。

豆解説

ツライチ≒水平面がほぼ同じ
・フェンダーツライチとは、車のタイヤ側面とフェンダーの位置が車上部からみてほぼ同じ位置。

つまり、走ってる道路の路肩=水田です。なんでこうなるの。。。
水田ってあふれないのかな。。。

そうこうしているうちにプランテーション入り口到着。プランテーションつってもまんまジャングルです。
ここでバナナとかゴム作ってんのかいな?暑さで倒れそうだよ。。。

プランテーションを抜けると最初のサービス地点ですが、入り口に警察官?らしき人が立ってます。
ま、あちらでは警察≒軍人みたいなものですが。

と、停止させられました!

まだまだ続く!
WRCラリーインドネシア -その3-