モータースポーツライセンスの種類と取得方法

2017年3月1日

モータースポーツ参加に必須のモータースポーツライセンスには大きくカート用と自動車用の2つがあり、さらにそれぞれに3つのカテゴリがあります。

◇エントラント
⇒チームとして競技に参加する場合に必要なライセンス

◇ドライバー
⇒運転者として参加する場合に必要なライセンス。運転しなくても競技車に同乗する例えばラリーのナビゲーターでも必要。

◇オフィシャル
⇒競技車のタイムを測ったり旗を掲示して競技をコントロールする審判員に必要なライセンス

いずれのライセンスも取得の前提条件があり、かつ、各ライセンス種類において一番下に位置するライセンスから順に取得する必要があります。

当ページでは主にドライバーライセンスについて説明します。

モータースポーツライセンス取得のための前提条件

1.普通自動車以上の運転免許証か外国の同じものに相当する運転免許証を所持していること

2.JAFの個人会員であること

※カートライセンスはこの限りではありません

1については免停や取り消しなどの行政処分を受けていないことが前提で、外国の相当する運転免許証は下記に限られます。

日本で運転できる外国の運転免許証

◇国際運転免許証(ジュネーブ条約加盟国がジュネーブ条約に基づき発行された型式のもの)
◇外国運転免許証(スイス、ドイツ、フランス、台湾、ベルギー、スロベニア、モナコ)

外国で取得した運転免許証を日本の運転免許証に切り替えることもできるので、日本でモータースポーツを続けるのならば切り替えてしまったほうがいいでしょう。

外国で取得した運転免許証を日本の運転免許証に切替えるには

2についてはFIA(国際自動車連盟)でモータースポーツを統括できる機関は各国ごとに一つを決められており、日本ではそれがJAF(日本自動車連盟)となります。

よってJAFの個人会員になっていないとモータースポーツライセンスの発給を受けることができないのです。

モータースポーツライセンスの種類

ドライバーライセンスは大きく分けてカート用、四輪自動車用2つに分類され、各々にモータースポーツのカテゴリに応じたライセンス種類が存在します。

カート用ドライバーライセンス

SLライセンス⇒JAFカートライセンス取得の流れとなります。
6歳からSLライセンスを取得することが可能です。

【出場できるカテゴリ】
[JAFカートライセンス]
◇全国のカートコースでの走行
◇JAF公認レースに出場可能(各種選手権レース/サーキットカートレース)

[SLライセンス]
◇全国のカートコースでの走行
◇全国のSLカートレースに出場可能

【ライセンス取得費用】
[JAFカートライセンス]
ジュニア:10,000円
シニア :20,000円
※JAF会員でない場合はJAF入会金と年会費で別途6,000円必要

[SLライセンス]
ジュニア:10,500円
シニア :12,600円

四輪自動車用ドライバーライセンス

国内Bから取得することができます。競技会への出場実績や成績などの一定の条件を満たすことによって上級ライセンスへの更新申請が可能となります。

最初に取得できる国内Bで出場できるカテゴリは以下となります。

【国内Bで出場できるカテゴリ】
◇国内ラリー(国際格式除く)/ダートラ/ジムカーナ

【国内Bライセンス取得費用】
◇講習会受講料/教材費:10,000円前後(主催者により若干異なります)
◇許可証料:3,100円
※JAF会員でない場合はJAF入会金と年会費で別途6,000円必要
※講習会のときにJAFに同時に入会することができます

モータースポーツライセンス取得方法

【JAF国内B】
1.最寄りのBライセンス講習会を受講します。講習会受講に必要なものや費用は事前に主催者に確認しておきましょう。講習会は座学のみです。
Bライセンス講習会一覧

2.下記を準備して講習会受講後30日以内にJAF地方本部・支部の窓口に持参します。

(1)必要事項をもれなく記入したJAF所定の「競技運転者許可証・公認審判員許可証交付申請書(講習会受講証明のスタンプが押されていること)」1枚
(2)縦4cm×横3cmの大きさの写真(無帽、無背景の上半身のもの)1枚を申請書の所定の位置に貼る
(3)JAF会員証(当該年度末まで有効であること)
(4)許可証料 3,100円(税込)

※JAF会員でない場合は入会金(2,000円)と年会費(4,000円)の合計6,000円が別途必要

【カートライセンス】
1.SLライセンスを取得します。
[SLライセンス取得の流れ]
◇ライセンス講習会受講(座学および実技)
※11歳まではヤマハTRYキッズカート塾を受講すれば実技免除
◇ライセンス発給
・11歳まではSLライセンスカデット
・12歳以上はグレードB

[SLライセンス取得の手順]
SLOメンバーズの手順で取得します。
申し込みは最寄りの全国SLO加盟コースにて行いましょう。

2.JAFカートライセンスを取得
SLカートミーティングに1回の出場実績があればJAFカートライセンス取得における実技が免除されます。

JAFカートライセンスを取得すればSLライセンスでは出場できない上位格式レース(制限付以上)への出場が可能となり、国内最高峰の「全日本カート選手権」や「世界選手権」などの国際レースに出場することも可能となります。

JAFカートライセンスは最寄りのJAFカート講習会にて申込みましょう。

モータースポーツライセンスの有効期限と更新方法

有効期限

JAFが発行するライセンスは四輪、カートとも1月1日から12月31日までの1年間で、その年の11月から翌年12月末までに更新手続きを終える必要があり、更新期間を過ぎてしまうとライセンスは失効してしまいます。

SLライセンスはSLカートスクール入会日から2年を経過した年の12月31日までの3年間で、入会日が10月1日以降の場合は入会日から3年を経過した年の12月31日までが有効期限となります。
更新期限は会員資格を失効(未更新)してから翌々年の12月までで、更新期間を過ぎてしまうとライセンスは剥奪されてしまいます。

更新方法

JAFライセンスはカート、四輪とも

◇「JAF Motor SPORTS」誌
◇JAF マイページ(Webサイト)
◇各都道府県のJAF支部 ※一部制限あり

などが選択でき、一部振込用紙による更新も可能となっています。

JAFマイページ登録

申請用紙は「JAF Motor SPORTS」誌11月号に綴じ込みで郵送されますが、下記サイトからダウンロードすることも可能です。

JAFライセンス各種申請書ダウンロードサイト

SLライセンスはJKLA加盟コースで所定の申込用紙に記入して手続きします。
その際、写真と更新費用が必要です。

更新費用

【JAFライセンス】

四輪自動車ドライバー
国内運転者B新規・更新3,100
再発行1,500
国内運転者A新規・更新4,100
再発行2,100
国際運転者R新規・更新10,400
再発行5,100
国際運転者C新規・更新10,400
再発行5,100
国際運転者B新規・更新12,500
再発行6,300
国際運転者A新規・更新14,600
再発行7,300
限定国内運転者A新規・更新4,100
再発行2,100
限定国際新規・更新10,400
ソーラーカー運転者再発行5,100
国際ドラッグレース新規・更新10,400
再発行5,100
カートドライバー
国内B新規・更新3,100
再発行1,500
国内A新規・更新3,600
再発行1,900
国際C新規・更新8,300
再発行4,100
国際B新規・更新9,400
再発行4,600
国際A新規・更新10,400
再発行5,100
ジュニア国内B新規・更新1,500
再発行800
ジュニア国内A新規・更新2,100
再発行1,000
ジュニア国際新規・更新6,300
再発行3,100

※費用は税込で変更される可能性があります

【SLライセンス】
グレードB以上・・・4,500(税別)※3年間有効
カデット・・・3,500(税別)※3年間有効
※新規入会時に満10歳未満の方の親権者として入会された方は3年後の更新は任意

知って得する豆知識

カテゴリー内記事