国内自動車ラリー参戦記 -その1-

国内自動車ラリーだと大体

初級ラリー ⇒ 県戦 ⇒ 地区戦 ⇒ 全日本

とステップアップしていくんだけど、本格的なSS(スペシャルステージ)があるのは大体県戦以上なんですね。そして地区戦まではほとんど夜中に開催されるので、観客もいません。

で、とある県戦に参戦した時のこと。記憶があいまいだけど、事前にギャラリーステージ(観客が見られる場所)があるなんて知らされていなかったと思う。

今でもはっきり憶えてるけど、1.5車線ほどの狭い上りのターマック林道。

上りのストレートを三速全開で踏んでたから時速100km~120kmくらいかな。。。

140W×2のスポットを付けていたとはいえ、まさに真の暗闇!真夜中の林道。

ちょうど周りの木々もない開けた場所になって空を照らしているような感じで、

’先が見えねーよ’ と思ったその瞬間!

誘導灯を一生懸命振ってる人が正面に見える!!

’オフィシャルだ!左直角!!!’

声に出す間もなく体が緊張する。正面には観客多数!

瞬間フルブレーキングして左にステア。

車は真横を向いたまま側面から観客のいる広場にスライドして行く。

しかもそこから広場に向かって下りになってるし。。。

主催者も安全を考慮して観客をだいぶ後ろに下げてるから人に当たる

心配はなかったけど、車は道から1.5台分くらい外れてしまった。

だって正面に見えるの木だもん。

だめだ!って瞬間思ったけど、なんと、おつりで道に復帰!してクリアしてしまった。。

なんでか分かんないけど、車を左に向けて正面に木が見えた時もアクセル踏んでたおかげかも。。。

まぐれ以外の何者でもなかったけど見てた方は相当インパクトあったようで、

次のSSスタートに定位置オフィシャル以外にも人が集まってきてた。

無線で近くのオフィシャルもおいらを見に来たみたい。。

’さっきの車だぞ!’ って声が聞こえる。

緊張するじゃん(ーー;)

’10秒前・・・5、4、3、2、1、スタート!!’

’ぶぅうおんん、おん・・・’

スタート大失敗。。。

ダメじゃん!って声が後ろで聞こえたような気がしましたとさ。。