車の馬力とトルク

車のエンジンの特性を表す指標として

【馬力とトルク】

があります。

すごく簡単に言うと、馬力は仕事量でトルクは力の単位。

専門的な話はさておき、変速機付き自転車を漕いでる人で説明します。

あなたが自転車に乗って前に進もうとする。

変速ギヤは1速 【軽いギヤ(足がすぐ回せるギヤ)】 で発進するはず。

なぜかと言うと、例えば5速: 【重いギヤ(足がすぐには回せないギヤ)】 だと発進できないから。

でもものすごい足の力でペダルを漕げば、5速でも発進できるかも。

この、ペダルを漕ぐ力が【トルク】。

自転車が走り出すとスピードが出てきて、自転車の速度にペダルを漕ぐ足の回転が追いつかなくなってくる。

なので、ギヤチェンジ【シフトアップ】してペダルを漕ぎ続ける。

一分間ペダルを漕いだとすると、その一分間の間にペダルを漕いだ回数が【馬力】=仕事量。

この話の自転車を車に例えると、乗っている人がエンジンで、その人の足がクランクシャフト&コンロッド、自転車の変速機がミッションで、チェーンがドライブシャフト、タイヤは同じって感じですね。

デフが無いじゃんとかのツッコミはしないように。

あくまで例えなので。

もう一つ簡単に例えると、

トラックのような力の大きい車 = お相撲さん = 力がある(トルク型)

スポーツカーのような速いくるま = 陸上選手 = 足の回転が速い(馬力型)

両者が普通に道路で競争するとスポーツカー(陸上選手)のほうが速いけど、砂漠のような足をとられるところで重い荷物を引いて競争するとお相撲さんのほうが速く前に進める。

って感じですか。

JAFのWebサイトにも似たような話があったので引用:

最高出力と最大トルクはなにが違うのですか?

さてここまで説明してこの話が何に必要なのかってーと、それはモータースポーツ。

普通に車を運転する分には全く意識する必要はないけど、車を速く走らせるためには絶対に必要な知識の一つです。

じゃ馬力とトルクを意識するとして、速く走らせるためには具体的にはどのように運転すればいいか?

それは、上記JAFのWebサイト内にエンジン性能曲線のグラフを例に取ると、

最高出力発生回転数までエンジンを回し【アクセルを踏み】、シフトアップした時が最高トルク発生回転数だとベスト。

上記JAFサイト内にある一般的なガソリンエンジンのグラフで例えると、6500回転くらいまでエンジンを回し、シフトアップした時が3500回転くらいだと理想。

ギヤ比とかその他諸々の条件でそう簡単には運転出来ないけど、例えばF1レーサーでもシフトタイミング【ギヤチェンジ】をステアリングに付いてるランプで判断してます。

ものすごいスピードで走ってるからタコメーター(エンジン回転数を表す計器)見てる余裕なんかないので、光でシフトタイミング【ギヤチェンジ】を判断するんですね。

私も自分のラリーカーにタイミングライトを付けていましたが、最高トルク発生回転数以上でグリーンの点灯、最高出力発生回転数でレッドの高速点滅でなかなか気分的にも盛り上がるものでした♫

F1のテレビ中継を見てるとグリーンのランプがピカって光ると思うので機会あれば意識して見てみてください。

カテゴリー内記事